ゲストとして結婚式に参列する方へ|クオリタ柏が婚約指輪を着けるマナーをご紹介します!

ゲストとして結婚式に参列する方へ|クオリタ柏が婚約指輪を着けるマナーをご紹介します!

「結婚式に参列するときに婚約指輪を着けて良いのか分からない」
「結婚式にお呼ばれした際のマナーを詳しく知りたい」
結婚式に参列されるご予定がある方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、結婚式のゲストにおける婚約指輪のマナーと、ゲストとして婚約指輪を着ける指の位置をご紹介します。
 

□結婚式のゲストにおける婚約指輪のマナーをご紹介します!

 
結論から言うと、結婚式に参列する際に婚約指輪を着けることが問題視されることはありません。
結婚式ではドレスアップやヘアアレンジをして華やかな結婚式に参列しますよね。
婚約指輪を着けているからと言って特別目立ってしまう心配はありません。
 
また、婚約指輪は永遠の愛を象徴する指輪です。
そのため、婚約指輪を結婚式に着けることはむしろ良いといえます。
 
既にご結婚もしている場合は、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするのも、婚約指輪、結婚指輪両方の美しさが引き立つので良いでしょう。
ただし花嫁よりも目立ってしまうのはあまり好ましくありません。
婚約指輪、結婚指輪の両方とも存在感が大きい場合は、付ける手を分ける、服装をその分抑えめにするなどの工夫をしましょう。
 
婚約指輪は、結婚式だけでなくドレスコートがあるレストランでのディナーや結婚記念日等の特別な日にも付けると良いでしょう。
特別な日によりいろどりが増しますね。
華やかな取り巻きのデザインで、女優ミラーのような女性の憧れが詰まったデザインです。
 

□ゲストとして婚約指輪を着ける指の位置をご紹介します!

 
結婚式に参列する際、結婚指輪や婚約指輪の付ける指を変えなくてはならないという規定はありません。
普段通り薬指に付けるのが一般的と言えるでしょう。
また、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする場合は、両方を左手の薬指に付ける、または両手の薬指にそれぞれ付けるのがオススメです。
 
左手であれば親指は信念を貫く、人差し指は協調性を高める、小指はチャンスを引き寄せるなどの意味合いがあります。
また、右手であれば、親指は指導力を得る、人指し指は集中力を高める、小指は自己アピール等の意味合いがあります。
 
指によって意味合いが異なるので使い分けてみても良いでしょう。
シンセラのバラの花のように飾りのない清楚なデザインに仕上げています。
 

□まとめ

 
以上、結婚式のゲストにおける婚約指輪のマナーと、ゲストとして婚約指輪を着ける指の位置をご紹介しました。
結婚式では、服装や髪型、お祝儀など気にする点が多々ありますが、婚約指輪のマナーも大事なポイントです。
今回の記事を参考にして結婚式を楽しんでいただければ幸いです。
 

2022/05/09

category: COLUMN

tag: , , ,

関連記事