結婚指輪を夫婦で違うデザインにするのはアリ?

結婚指輪を夫婦で違うデザインにするのはアリ?

「結婚指輪を夫婦で違うデザインにしても良いのかな」
このような疑問を抱いている方は多いでしょう。
実は、夫婦で違うデザインを選んでも良く、最近では異なるものを選ぶ方も増えています。
そこで、この記事ではデザイン違いの結婚指輪の特徴を説明するので、ぜひ参考にしてください。

□デザイン違いの結婚指輪の特徴とは

デザインが同じ結婚指輪は、やはり結婚指輪の主流です。
ペアで同じものにするという考えは自然なことでしょう。
しかし、上記でも紹介したように、デザイン違いの結婚指輪を選択する人は増えてきています。
ここでは、そのような結婚指輪の特徴を紹介します。

デザイン違いの結婚指輪は、デザインが違うと言っても、その程度は様々です。
全くデザインが異なるものもあれば、ペア感を残したものもあります。
人気のデザインの1つは、一見デザインが違うけれど、さりげなく似ている部分を感じられるものです。


また、デザイン違いの指輪にする最大のメリットは、それぞれが好きなデザインの指輪を身に着けられることです。

□デザイン違いの結婚指輪の選び方をご紹介!

デザイン違いの結婚指輪を選ぶ際のポイントがいくつかあります。
ここでは、2つのポイントを紹介します。

まずは、似ているデザインを選ぶ際についてです。
全く同じデザインにはしたくないけれど、お揃い感は出したいという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、シンプルなものを選び、女性の方だけ少し手の加わったものにするのがおすすめです。

二色が重なるようなデザインは、二人のこれからを歩む季節をイメージしております。

例えば、ダイヤモンドが少し入っているものや、カーブが入ったものにすると良いでしょう。
お揃い感のあるデザインは、見るたびに2人の繋がりを実感できますよ。

次に、全く違うデザインを選ぶ際のポイントについて紹介します。
お互いの好みが合わない場合や、どちらかの職場のルールが厳しい場合などは、それぞれの好みや環境に合わせて結婚指輪を選ぶと良いでしょう。
デザインが全く違っていても、素材を合わせることで統一感を出せます。
また、刻印の文字を同じにしたり、シークレットストーンを同じものにしたりすることでも一体感を得られます。

□まとめ

今回はデザイン違いの結婚指輪の特徴について説明しました。
デザイン違いの結婚指輪と言っても、その程度は様々で、全くデザインが異なるものもあれば、ペア感を残しつつデザインが違うものもあります。
2人の好みや環境に合わせて結婚指輪を考えると良いでしょう。

2021/10/17

category: COLUMN

tag: , , , , ,

関連記事