結婚指輪はプラチナと金のどちらを選ぶ?それぞれの特徴をご紹介!

結婚指輪はプラチナと金のどちらを選ぶ?それぞれの特徴をご紹介!

結婚指輪をお考えの方で、プラチナと金のどちらにしようかお悩みの方は多いと思います。
そこで、この記事ではそれぞれの特徴について詳しく解説します。
結婚指輪を考える際にぜひ参考にしてください。

□結婚指輪の素材に定番のプラチナと金にはどのような違いがある?

プラチナと金は、どちらも希少性が高いため、昔から装飾品として用いられてきました。
以下で、それらにどのような違いがあるのか紹介するので、素材選びにお役立てください。

プラチナは結婚指輪でメジャーとされている素材で、色合いが白いため、ダイヤモンドとの相性が良いとされています。
また、変色しにくいメリットもあります。
しかし、柔らかく傷が付きやすいというデメリットもあるため注意が必要です。

ワンランク上のLA PUREZZAブライダルシリーズ

金も変色に強く、腐食したり、錆びたりすることはありません。
また、金にはイエローやピンク、ホワイトゴールドなど、色の種類が豊富にあるというメリットもあります。
さらに、金は日本人の黄味の強い肌にもマッチし、プラチナより値段が少し控えめなことから人気があります。

古くは万能薬とさえ言われたカモミールが、ふたりに未来を切り開く力を

しかし、プラチナと同様、柔らかく傷が付きやすいです。
そのため、強度や高度を高めるために金属を混ぜることが一般的です。
この際、金の純度が低い場合は変色しやすくなるため注意しましょう。

□実際に結婚指輪を購入した人はどのような理由で素材を選んだ?

結婚指輪の素材で圧倒的に人気なのはプラチナで、約6割5分の方が選んでいます。
一方で、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドを選ぶ方もいらっしゃいます。
ここでは、どのような理由でそれぞれの素材を選んだのかについて紹介します。

プラチナを選んだ多くの理由は、「結婚指輪といえばプラチナだというイメージがあったから」というものでした。
先程紹介したように、結婚指輪を購入した人の約6割5分の人がプラチナを選んでいるということは、それだけ目にする機会も多いでしょう。
そのため、「結婚指輪といえばプラチナ」というイメージを持つ方が多いのかもしれません。

「離れない何があっても厳しい夜も冷たい夜も一緒に咲かせる花を夢見る。」

ピンクゴールドは女性からの人気が高く、「色合いに惹かれた」という理由が多いです。
また、手元を優しく見せてくれることからも女性から支持を得ているようです。

ホワイトゴールドを選んだ理由には、「少しでも予算を抑えたかった」というものがありました。
ホワイトゴールドはプラチナに比べ、低い価格で販売されることが多いです。
そのため、価格を抑え、プラチナの色味に少し近いホワイトゴールドを選ぶ方もいらっしゃいます。

イエローゴールドを選んだ理由には、「見た目が華やかだから」というものがありました。
同じ金でも、イエローゴールドは華やかな印象を与えます。
そのため、ファッション感覚で結婚指輪を身に着けたい方にも人気です。

ルビーのセットリング

□まとめ

今回はプラチナと金の特徴について詳しく解説しました。
プラチナは結婚指輪でメジャーとされている素材で、ダイヤモンドとの相性が良いとされています。
一方、金は日本人の黄味の強い肌にもマッチする上、プラチナより値段が少し控えめという特徴があります。
この記事を参考に結婚指輪の素材を考えてみてください。

2021/10/13

category: COLUMN

tag: , , ,

関連記事