結婚指輪の形状の種類は?指輪を選ぶ際のポイントについても解説!

結婚指輪の形状の種類は?指輪を選ぶ際のポイントについても解説!

結婚指輪といえば、皆さんはどのようなものを思い浮かべますか。
スタイリッシュなものや、かわいらしいものといったように、結婚指輪にはさまざまな種類がありますね。

そしてその印象を大きく左右するのが指輪の形状です。
今回はそんな結婚指輪の形状について、また男女別のおすすめについて詳しく解説します。

□さまざまな結婚指輪の形状

普段から指輪をあまりつけない人にとって、指輪の形状の違いは少しイメージしづらいと思います。
結婚指輪においてその形状は大きく2つに分けられます。

1つ目はストレートです。
ストレートタイプはアームがまっすぐな形のリングのことをいいます。

二人の想いが結ばれた絆をゴールドのラインで表現。

特徴として、幅や厚みによって見た目の印象が大きく変わってきます。
そのため、自分好みな繊細な調整ができるのです。
また、外側の形状によっても印象が大きく変わってきます。

2つ目はウェーブです。

ウェーブタイプはアームが曲線状になっているリングのことをいいます。
そのなかでも曲線の形によってS字、V字、U字に分けられます。
S字は左手の薬指に沿ったラインとなり、やわらかな印象を与えます。


V字はすっきりとした印象をあたえ、指を長く見せる効果があります。

青く雄大な空をテーマにしたV字ラインの太めのリングです。両サイドにプリンセスデザインが施してあります。

U字はV字よりなだらかな曲線となっています。

「口の両端をあげて、辛抱強く。笑顔がふたりのいつもの仲直りのしるし」をイメージされたデザイン。

□男女別の指輪選びのポイント

男性と女性では指の長さや太さが大きく異なりますよね。
また、生活スタイルの違いから注意する点も異なってきます。
そのため、男性と女性では指輪を選ぶ際のポイントが異なってくるのです。
女性の場合、注意すべき点は婚約指輪との重ねづけです。

重ねづけしにくいデザインを選んでしまうと、せっかくもらった婚約指輪をつけられずに家の中で眠ってしまうことになります。
そのため婚約指輪を日頃からつけたいという女性はぜひ重ねづけできるデザインを選びましょう。
男性の場合、注意すべき点は女性に任せきりにしないことです。

一見、女性に自由に選ばせていることから、相手の自由を尊重しているように思えます。
しかし、女性側からすると「指輪選び」という結婚における重大イベントに対し無関心のように感じ取られてしまうことがあります。
そのため、パートナーと一緒に選ぶことが大事です。

□まとめ

今回は指輪の形状と男女別の指輪選びのポイントを紹介しました。
結婚指輪の購入を考えている方は、ぜひ今回のポイントを参考にして選んでみてください。
そして、2人とも心から気に入る指輪を見つけてみてください。

2021/09/24

category: COLUMN

tag: , , , ,

関連記事