普段使いできる結婚指輪とは?条件について解説します!

「結婚指輪を普段使いしている人はどれくらいいるのだろう。」
「結婚指輪を普段使いするためにはどのようなものが良いのか知りたい。」
このようにお悩みの方は多いですよね。

今回は結婚指輪を普段使いしている人はどれくらいるのかについてと、普段使いできる指輪の条件について詳しく解説します。

□結婚指輪は普段使いしている人が多い

多くの人が結婚指輪を普段使いしており、基本的につけっぱなしにしています。
男性と女性に、普段使いをする人の割合の差はほとんどなく、女性だけでなく男性も多くの人が抵抗なく普段使いをしています。
次は、普段使いするためのポイントについて解説します。

□普段使いできる指輪の条件とは

1つ目は、つけ心地に違和感がないものです。
毎日つけ続けるためには、違和感がなくつけていることを忘れるくらい指になじむものにしたいですよね。

とらわれない 迷わない 二人の人生は 二人だけのもの

指輪が気になってしまうと仕事や家事に集中できず、パフォーマンスが低下することや結局外してしまうことがあります。
そのため、結婚指輪を普段使いするためには、つけてみて違和感のないものにしましょう。

2つ目は、存在を主張しないデザインであることです。
あまりにも派手な結婚指輪では、どうしても目立ってしまいます。
葬儀や法事、仕事ではふさわしくないとして外さなければならない恐れがあります。

また、派手なデザインにすることで普段の服装と合わせにくいこともあります。
毎日つけ続けたい指輪にするためには、指輪の外見にも注意しましょう。

さりげなく変化する月の光を、緩やかなS字で表現しています。

3つ目は、傷がつきにくくて汚れにくいことです。
普段使いをしているとどうしても指輪に衝撃がかかってしまうことがありますよね。
せっかくの大切な指輪ですから、目立つ傷がついてしまっては大変です。

毎日つけ続けるために、指輪が傷つきにくく、汚れにくいことは非常に重要です。
傷つきにくい強度の高い素材を選ぶことや、シンプルで汚れがつきにくいデザインにすることで、長い間綺麗な状態をキープできます。

斜めに細かく施された表面加工が、つや消しとも異なる独自の優しいきらめきを生む結婚指輪です

4つ目は、サイズ変化への対応です。
結婚指輪を選ぶ際は、指のむくみについても考えましょう。
時間帯によって指のサイズが変わりますし、女性の場合は妊娠、出産の時に指がむくむ可能性があります。
毎日快適につけられるように、指輪のサイズをじっくりと考えましょう。

□まとめ

この記事では結婚指輪を普段使いしている人はどれくらいいるのかについてと、普段使いできる指輪の条件について紹介しました。
結婚指輪は普段使いしている人が多く、普段使いするためにはサイズやデザインなど、さまざまな面に注目する必要があります。
ぜひこの記事をお役立てください。

2021/09/04

category: COLUMN

tag: , , ,

関連記事