ゴールドなど結婚指輪をお求めの方へ!個性の出し方や注意点について解説!

「珍しい結婚指輪が欲しいけど、どうしたら個性を出せるのだろう。」
「珍しい結婚指輪をする時の注意点が知りたい。」
このように悩むことがありますよね。
この記事では、個性を出すためのポイントと個性を出すときに派手にする場合の注意点について詳しく解説します。

□個性を出すためのポイントとは

個性を出すためのポイントは大きく分けて3つあります。
それは、素材、宝石、デザインです。
ここではこれら3つのポイントについて紹介します。

珍しい結婚指輪を作るためのポイントの1つ目は、素材で違いを作ることです。
結婚指輪の素材としては、圧倒的にプラチナを選ぶ人が多いです。
そのため、素材をピンクゴールドやイエローゴールドにするだけでも珍しい結婚指輪だと思われるでしょう。

古くは万能薬とさえ言われたカモミールが、ふたりに未来を切り開く力を

また、ゴールドは日本人の肌になじみやすいともいわれています。
他の人と違いを出せるような珍しくておしゃれな結婚指指輪が欲しい方は、是非ともプラチナ以外の素材に注目してみてくださいね。

2つ目は、宝石です。
結婚指輪によく使われる宝石はホワイトダイヤモンドです。
そのため、珍しくしたい方にはホワイトダイヤモンドとは違う、ブルーダイヤモンドのような宝石にすることをおすすめします。
宝石の色が違うだけで印象ががらりと変わります。

アクアマリンのセットリング

また、宝石の種類だけでなく、留め方や形で珍しさを演出するという方法もあります。
丸ではなく四角い形、1つではなく複数使う、のように、宝石の種類だけではなく、宝石の使い方も考えましょう。

3つ目は、デザインです。
デザインでは大きく分けて表面のデザインとリングの形状の2つに分けられます。
表面の形状では、光沢のあるつやありが一般的ですが、光沢のないつや消しにすることで指輪の雰囲気は変わります。

鏡面状に仕上げられた甲丸が艶やかに煌く、幅広ストレートタイプの結婚指輪です

また、ウェーブタイプのように、リング自体の形状を変えることも珍しい結婚指輪にするコツの1つです。

マリッジリングは、V字のラインで指長効果もありお手元をキレイにみせてくれます。

□個性を出すときに派手にする場合の注意点

注意するべき点は、環境によって派手な指輪がふさわしくないことです。
仕事中や法事、葬儀の時は外す必要がある可能性があります。
派手な指輪にするとどうしても環境によっては浮いてしまうことがあるため、派手な指輪を検討している場合は注意しましょう。

□まとめ

今回は、個性を出すためのポイントと個性を出すときに派手にする場合の注意点
について紹介しました。
派手で珍しい結婚指輪にするためには素材や宝石、デザインで違いを演出しましょう。
また、派手にすることによってどうしても指輪を外す必要があるシーンが出てくることに注意しましょう。

2021/08/27

category: COLUMN

tag: , , , , , ,

関連記事