柏で指輪探し|結婚10周年を迎える方へ!指輪のプレゼントはいかがですか?

結婚10周年を迎える方は、錫(すず)婚式をご存知でしょうか。
2人の記念日を祝うとともに、これからも仲良く過ごしていこうという意味を込めて指輪を贈り合う方が多いです。
この記事では、錫(すず)婚式について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

□結婚10周年を祝う錫(すず)婚式とは?

錫婚式とは、10年間共に歩んできた夫婦が見せる美しさを錫に例えて名付けられた式のことです。
また、錫は熱で溶けやすいという性質があるので、それを柔軟さと考え、柔軟で美しい2人の関係がこれからも続くようにという願いも込められています。

錫婚式では、その名の通り錫製品の贈り物をしたいですよね。
しかし、錫は非常に希少で滅多に手に入りません。

そのため、アルミニウム製品で代用することが多いです。
これは、アルミが錫と似たような性質を持っているからです。
そのことから、アルミ婚式と呼ばれることもありますよ。

普段はあまり記念日をお祝いしないというご夫婦もいらっしゃいますよね。
しかし、10周年という節目に、これからもよろしくという思いを込めてお祝いすると、お二人の仲がより一層深まるでしょう。

□スウィートテンとは?

少し前までは、結婚10周年の記念日に旦那様から奥様に、スウィート10のダイヤモンドを贈る風習がありました。
10周年の10にかけて、10石のダイヤモンドや1.0カラットのダイヤモンドを贈るのが定番でした。
この風習は、今でも残っています。

ルビーとダイヤモンドのハーフエタニティリング

日本では、控えめな男性や普段から自分の思いを伝えるのが苦手という方が多いですよね。
しかし、こういったイベントがあれば感謝を伝えるきっかけになりますね。
先にあげたほど豪華なプレゼントではなくても、ダイヤモンドをあしらったアクセサリーをもらうことは、多くの女性にとって憧れなので、きっと喜ばれることでしょう。

また、女性だけに贈るのではなく、ご夫婦でおそろいの指輪やネックレスを選ぶのも良いですね。
指輪であれば、結婚指輪と重ね付けできるものにすると普段使いもできます。

「光の粒を集めたような、二人の大切な思い出」をイメージされたデザイン。

さらに、結婚10周年記念の贈り物の予算についてです。
これには個人差がありますが、平均すると5万円から10万円ほどで探す方が多いですよ。
普段の記念日よりは少し予算を高めに設定する方が多い印象です。

しかし、これはあくまでも平均なので、ご夫婦の好みに合わせて予算を組みましょう。
値段ばかりを気にせず、あくまで2人の結婚10周年と、「これからもよろしくね」という意味を込めた式だということを忘れないでくださいね。

□まとめ

この記事では、結婚10周年をお祝いする錫婚式についてとスウィートテンの風習について解説しました。
これから錫婚式を迎えられる方は、20年、30年とご夫婦で歩んでいくために普段とは違う特別な過ごし方をしてみると良いでしょう。

クオリタ柏では、結婚記念日のプレゼントにピッタリな指輪やネックレスのご提案もさせて頂きます。是非、お気軽にご相談ください。

2021/08/24

category: COLUMN

tag: , , , , ,