結婚指輪をいつまでも綺麗につけるためのお手入れ方法をご紹介します!

結婚指輪を毎日つけていると、汚れが気になってきたという方も多いのではないでしょうか。
お店でクリーニングをしてもらいたいが時間がない、という方は、自宅で手軽にできるお手入れ方法があると良いですよね。
この記事では、いつまでも綺麗に結婚指輪を着用するためのお手入れ方法を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□指輪の素材ごとに気をつけることが異なります

指輪は、選んだ素材によってお手入れ方法が違うという特徴があります。
ここでは、ダイヤモンドと貴金属のそれぞれの特徴をご紹介します。

まずは、ダイヤモンドの場合です。
ダイヤモンドは親油性が高い素材です。
そのため、油汚れが付着しやすいという特徴があります。

晴れやかに そして華やかに 二人の人生は 最高に美しい

冬場など寒い季節は特に乾燥が気になるので、ハンドクリームをつけるという方も多いですよね。
そのような化粧品をつける際には、一度外すなどして汚れがつかない工夫をすることが大切です。

続いて、プラチナやゴールドなどの貴金属の場合です。
これらの素材は、ステンレスや鉄などと比較して柔らかいという特徴があります。
そのため、テッシュペーパーやハンカチなど、一見柔らかく何ら問題がなさそうな素材でも、小さな傷がついてしまうことがあります。

ギリシャ・ローマ時代に品位・優雅の象徴だったタイムで、美しい人生を

そのため、指輪同士や他の物質との接触してしまうと、傷がつく原因になるので、丁寧に扱うことが大切です。
指輪は繊細なので、思わぬ衝撃で傷がついてしまいます。
素材の特徴を理解して丁寧な取り扱いを心がけてくださいね。

□自宅でできる指輪のお手入れ方法は?

続いて、ご自身でできる結婚指輪のお手入れ方法を解説します。
まずは、ほこりや油分による汚れのケースです。

この場合は、表面がなめらかな布か、メガネ吹きで乾拭きしましょう。
最近では、100円均一やドラッグストアで指輪専用のクロスも販売されているので、お手持ちの布で不安な方は、専用のクロスを使うと良いですよ。

続いて、特にゴールドの指輪で汚れが気になる方におすすめなのが、中性洗剤です。
ご自宅にある食器を洗う用の中性洗剤とぬるま湯を混ぜ合わせ、指輪をつけて洗い流しましょう。

この時、化粧ブラシなど毛の柔らかなブラシで優しく磨くとより一層輝きますよ。
繊細な素材なので、柔らかいブラシを使用することがポイントですよ。

□まとめ

この記事では、指輪の素材ごとの特徴と自宅でできるお手入れ方法について解説しました。
いつまでも綺麗に使用できるように、丁寧な取り扱いを心がけてくださいね。
指輪のことでお困りでしたら、ぜひ一度弊社にご相談ください。

2021/08/08

category: COLUMN

tag: , , , ,

関連記事