結婚指輪をなくすという事態が起こったらどうする?対処法と予防策をご紹介!

結婚指輪をなくすという事態が起こったらどうする?対処法と予防策をご紹介!

「結婚指輪をなくしたらどうすればいいのかな」
「なくさないようにするにはどのような方法があるのかな」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

途切れなく菱形のカッティングが施された結婚指輪はシンプルながらも存在感のあるリングになっています

この記事では、結婚指輪をなくすという事態が起こったときの対処法となくさないための予防策についてご紹介します。
興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

□結婚指輪をなくしたときの対処方法とは

結婚指輪をなくしたら困ってしまいますよね。
結婚指輪をなくしたときの対処方法について3つご紹介します。

1つ目は、早急に思い当たる場所を探すことです。
いつどこでなくしたのかを思い出し、その場所を探してみましょう。
なくした場所が思い出せない場合は、最初に探しに行った場所で見つかることも多いです。
落ち着いて探しましょう。

2つ目は、警察や警備室に届け出ることです。
落とした場所に目星がついている場合は、近くの交番に届いていることもあります。
もし、届いていなければ遺失物届を出しましょう。
商業施設や駅で紛失した場合は、警備室に届け出てください。

3つ目は、パートナーには正直に打ち明けることです。
なくしてしまった罪悪感から、見つかるまで黙っておきたいと考える方も多いでしょう。
しかし、正直に打ち明けることで、2人で協力して探すこともでき、見つかる可能性も上がります。
どうしても見つからない場合は、買い直しも検討してください。

□結婚指輪を紛失しないための予防策とは

結婚指輪を紛失しないためにできることはあるのでしょうか。
ここからは、予防策をいくつかご紹介します。

1つ目は、保管場所を決めておくことです。
家事や職場で外す機会がある場合は、小物入れやケースを準備して、決められた位置に置くようにしましょう。

2つ目は、頻繁にサイズを確認することです。
サイズが窮屈になると指輪を外してしまう人が多いです。
外すことでなくしやすくなるので、こまめにサイズを確認して心地よくつけられるようにしましょう。

3つ目は、できるだけ外さないことです。
指輪をなくさないための一番の予防策は、指輪をずっとつけておくことです。

ただし、職業の関係上、華美な指輪を着用できない方もいらっしゃいます。
その際は、シンプルで控えめな指輪を選ぶようにしましょう。
そうすることで指輪を外す機会も減り、結果的に指輪をなくさないことにつながります。

指輪を外す際は画像の様なジュエリーポーチに保管しておくと失くす確率はぐっと下がると思います。

□まとめ

この記事では、結婚指輪をなくすという事態が起こったときの対処法となくさないための予防策についてご紹介しました。
今回ご紹介したポイントはぜひ覚えておきましょう。

当店で販売している結婚指輪も、ブランドによってアフターサービスの保証内容は、ことなりますが、サイズ直し、磨き直しなどは数年間は無料保証になっているブランドがほとんどです。サイズが合わなくなった時は、早めにご来店、ご相談ください。

残念ながら紛失の場合は保証の対象外です。買い直しして頂くしかないので、くれぐれも紛失しない様に気を付けてください。

2021/07/13

category: COLUMN

tag: , , , , , ,

関連記事