柏で結婚指輪選び|結婚指輪を付け始めるのはいつから?タイミングを解説します

結婚指輪を付け始めるタイミングについてお困りの方はいらっしゃいませんか。
結婚式の前に付け始めるのか、式が終わってから付け始めるのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、結婚指輪を付けるタイミングについて詳しくご紹介します。
ぜひお役立てください。

□結婚指輪は式まで付けたくない人が多い!

実は、結婚指輪は式を迎えるまで付けたくない方が多いです。
その理由の一つが、良いスタートを切るために大切に保管しておきたいというものです。
結婚したら、「結婚指輪をしない日常」から、「結婚指輪をする」日常に変わります。

また、挙式前に付けると、式での指輪交換の儀式に神聖さがなくなるという理由で、式まで付けたくない方もいます。
結婚式での指輪交換の由来には、お互いへの愛や誓いの証として贈り合ったのが始まりという説や、家同士の信頼を深めるためにお互いの家紋入りの指輪を贈り合ったのが始まりという説など、さまざまなものがあります。

どのような意味があるにせよ、指輪交換の儀式は神聖な気持ちで行いたいですよね。
そのために、結婚式まで大切に保管しておいても良いでしょう。

□結婚指輪を付け始めるタイミングをご紹介します!

次に、結婚指輪を付け始めるタイミングをご紹介します。

先ほどもご説明したように、結婚式当日から付け始めるのが人気です。
結婚式前に付け始めた場合でも、挙式前に一度指輪をきれいにしておくと良いでしょう。

しかし、結婚式を挙げない場合もありますよね。
そのような場合は、ふたりで相談して決めましょう。
おふたりの記念日として、一緒に住み始めた日などを選んでも良いですね。
結婚指輪を付ける気持ちを大切にしましょう。

また、入籍日から付け始めるパターンもあります。
式を挙げる方も挙げない方も、入籍日から付け始めるのも良いでしょう。
法律的には入籍した時点で夫婦となるため、入籍日を結婚記念日として指輪を交換するのも素敵です。
入籍前から同棲しているカップルは、指輪交換をすることで気持ち新たに生活を始められるでしょう。

いくつかのタイミングをご紹介してきましたが、最も大切なのはふたりにとって意味のある日を選ぶことです。
結婚指輪には、付け始める時期が明確に決まっているわけではありません。
ふたりでよく話し合って納得のいく日を選べば、より絆も深まるでしょう。

□まとめ

今回は、結婚指輪を付け始めるタイミングについてご紹介しました。
結婚式を挙げたとしても、挙げなかったとしても、ふたりでよく話し合って納得のいく日を決めるのが大切です。
素敵な夫婦生活をスタートさせるために、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

2021/06/20

category: COLUMN

tag: , , , ,

関連記事