結婚指輪にダイヤは付ける?ダイヤありかダイヤなしか解説します

結婚指輪の購入をお考えの方の中には、結婚指輪にダイヤをつけるかどうかで悩まれている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、それぞれのメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□ダイヤありの結婚指輪のメリットをご紹介します!

結婚指輪にダイヤモンドが付いていることのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、3つのメリットをご紹介します。

1つ目は、上品で華やかな印象を与えられることです。
ダイヤモンドが、上品さや華やかさを印象付けてくれます。
また、手元が華やかになると、気分が上がる女性も多いですよね。

日常的に身に着ける指輪にダイヤモンドが付いていると、傷がついてしまうのではないかとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ダイヤモンドはとても硬いため、そのような心配もありません。

2つ目は、デザインが豊富なことです。
ダイヤモンドがあるだけで、デザインの幅がぐんと広がります。
たくさんのデザインからお好みのものを見つけたいという方にはおすすめです。

結婚指輪は、肌身離さず身につけるものです。
妥協せず、こだわり抜いたものを選びましょう。

3つ目は、婚約指輪と兼用できることです。
一般的に、男性から女性に贈られる婚約指輪にはダイヤモンドがついている場合が多いです。
そのため、ダイヤモンドありの結婚指輪をそのまま婚約指輪として使う方もいらっしゃいます。
婚約指輪はサプライズで渡すことも多いですが、兼用する場合は2人で選びに行くのが良いでしょう。

□ダイヤモンドなしの結婚指輪のメリットをご紹介します!

次に、ダイヤモンドなしの結婚指輪のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、身に着ける場所を選ばないことです。
ダイヤモンドなしの結婚指輪は、アクセサリー着用が認められていない職場や告別式などでも身に着けやすいです。
また、どのような服装にも合わせやすく、日常的にも身に着けやすいです。
華やかなデザインのものを重ねづけしておしゃれを楽しむのも良いですね。

2つ目は、シンプルで飽きのこないデザインを楽しめることです。
シンプルなデザインは、流行りに左右されません。
そのため、何年経っても古くならず、愛用できます。
その中でも、プラチナでできたものは上質な輝きで見た目も美しいため人気です。

煌びやかな光をモチーフにしたスタイリッシュなリングです。両サイドにスクロールデザインが施してあります。

□まとめ

今回は、ダイヤモンドありの指輪となしの指輪のメリットをそれぞれご紹介しました。
結婚指輪は、肌身離さず使用するものですので、夫婦でよく話し合ってこだわりのものを選んでみてはいかがでしょうか。
素敵な指輪と出会うために、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

2021/06/16

category: COLUMN

tag: , , ,

関連記事